夏になると憂鬱になる原因

夏は服装が薄着になることでムダ毛が気になる季節だと思います。
私も毎年夏になると、ムダ毛の処理の面倒さにうんざりしていました。

考える女性朝、せっかく着替えて出かけようとしたけど、膝下や足首のムダ毛処理を忘れていてボーボーとか、ノースリーブのトップスを着たらうっかり脇毛の処理があまくてポツポツ目立つ!やばい!ってことで急いで風呂場に駆け込みカミソリで処理。すると急いでるもんだからうっかり肌を切っちゃって流血!

こんな経験をした人は私だけではないはずです。
そして日常生活の中で最もムダ毛がバレるシチュエーションが存在します。
それは電車の中です。

電車に座っているとなんとなく目の前に座っている人を見てしまうし、座席と座席のあの間隔はちょうどムダ毛の有無が見えてしまう距離なんですよね。

座席に座っていると向かいの座席に座っている女性の膝下のムダ毛はとてもよく見えます。
きちんと剃っているようでも剃り残しがあるなーってところまでよく見えます。
自分の真向かいに立ってつり革につかまっている女性の脇の下もはっきり言って角度的に丸見えです。

実際に昔、当時の彼氏に同じシチュエーションで脇の下のムダ毛を指摘されたことがあり恥をかいた記憶があります。

では満員電車だったらどうなのかというと、それはそれで肌同士の密着がありますから、ムダ毛がある人が隣にいるとチクチクして、恥ずかしいというより他人に迷惑をかけてしまうわけです。

それらを回避するにはムダ毛処理を常に完璧にしておくか、もしくはムダ毛が見えない服を毎日着るかしかないです。

しかしそうすると、着る洋服の制限ができてしまい毎日の洋服選びに困ってしまいます。かといって自己処理で常に完璧な状態に保つことは不可能です。そしてどちらにせよ、時間と労力の無駄遣いになってしまうと思いました。

このことが私が脱毛をしたいと思ったきっかけです。

ディオーネは口コミでも好評でした

夏になると憂鬱になる原因